ドッグフード

DOG FOOD_IMG

犬種や月齢によって変わるドッグフードの種類

http://voiceisheard.com/ai.htmlにも書いてあるように、ドッグフードには様々な種類がありますので、それぞれの犬に適したドッグフードという物を知る必要があります。
まず一番知っておきたい違いとしましては水分の含有量による違いです。
その違いとしてですがドライタイプとモイストタイプ、ウェットタイプと分けられるのが一般的です。
ドライタイプhttp://www.wanderers-rest.com/10en.htmlとはスーパーやペットショップなどで買える一番一般的なドッグフードです。
水分が6パーセントから10パーセントほどに抑えられており、開封後も長期保存できるので手軽さや安価さから多くの人に好まれています。
モイストタイプはいわゆる半生タイプでレトルトフードのようなドッグフードです。
水分量は25パーセントから35パーセント程度で一度開封すると長期保存は難しい物が多いですが、生肉のような加工方法がされていますので、健康的な犬が喜んで食べるタイプの物が多いです。
最後にウェットタイプですがこれが一番水分量の多いタイプのドッグフードで缶詰などで売られていることが多いです。
水分量が60パーセントから90パーセントまでと非常に多くタンパク質が豊富な物が多いために他のタイプよりも犬に多く与える必要があります。
このように使われている素材などと言った違いを含めずに大きな枠としても三つあります、もちろんそれぞれに良い点がありますがその良い点を使うためには犬の犬種や月齢必要になりますし、獣医さんなどとの相談も必要です。
ちなみに我が家の犬はドライタイプだけですと少し食べ過ぎてしまうのと、必要な栄養が少し足りないのでウェットタイプと混ぜて食べさせています。 また、最近では満腹感サポートフードhttp://www.tennllama.com/man.htmlというものも発売されています。


昔から有るドッグフードの種類としてはドライタイプ、モイストタイプ、ウェットタイプですが、最近研究などによって新しく開発された種類もあります。
それはフリーズドライタイプ、脱水タイプ、冷蔵タイプで、これはそれぞれの保存方法や加工方法に違いがあります。
他にもスープタイプのドッグフードもあります。
また、現代のドッグフードhttp://xn--qckubrc3d4m353s86xf.biz/01.htmlについてより詳しく知りたい方必見です。
フリーズドライタイプとは加工処理による組成栄養分の破壊を抑えるために考えられた方法で、そのままだと保存期間がほとんど無いためにフリーズドライによって保管されている物です。
脱水タイプは空気乾燥によって細菌が増殖できないレベルまで水分を下げることを目的として新しく考えられた方法で、見た目はドライタイプに似ているのですが、水やお湯で戻すことができるという点で最近注目されている製法なのです。
冷蔵タイプは低温殺菌によって新鮮な材料の鮮度をたもつのを目的とした方法で、モイストタイプと同じように軽く調理されてから保存されている物が多いのですが、やはりこのタイプも低温で保存しなければ長期保存は難しいとされています。
真空パックの物でも保存期間は開封前で三ヶ月から四ヶ月と言われています。
このように最近新しく考えらているタイプの共通点としては、なるべく保存料等と言った物を使わないペットフードの研究が盛んとなっています。
やはりもともとは自然の世界で生の食べ物を食べていた生き物ですので、加工食品ばかりではあまり体に良くないと言われており、そのための研究が行われているのです。
我が家でも毎日は厳しいですが、時間のある時は手作りのペットフードhttp://xn--qckubrc3d4m.ws/4.htmlを作ってあげますし、生食などもさせてあげています。 また、犬の健康を考えたい。でも手作りを作る暇がない方等は100%オーガニックのペットフードhttp://www.blogsndogs.com/hya.htmlがおすすめです。