ドッグフード

DOG FOOD_IMG

ドッグフードにデメリットはあるのか

我が家には高齢犬がいます。
普段はカリカリタイプのドッグフードをふやかしてやべさせています。
時々がっつき過ぎてのどにひっかかってしまうことがあるため、その予防の意味と食欲があまりない時に香りを強くして食欲がわくようにするためです。
うちの子にはお肉のアレルギーがあるため、現在はアレルギー対策された高齢犬用のかつおと白米を中心としたえさを与えています。
やせ気味なので、獣医さんのアドバイスで時々パピー用の餌も混ぜて与えていますが、味は同じなのに喜んで食べてくれます。
そしてこちらは本当に1か月に1度か2度程度ですが、ウェットタイプのものも与えています。
ウェットタイプはカリカリタイプよりも香りがしますし、柔らかいので食べ応えがあるらしく、我が家の愛犬はどちらかというとウェットタイプを喜んで食べます。
あまり食べないので珍しいということもありますが、食欲がない時の強力なサポーターになってくれるごはんです。
最近では以前より食欲が出てきたのか、朝晩の食事量を少し増やしても全部食べてくれるようになりました。
少し太らせなければと考えていたので、これはとても嬉しいことです。
ごはんをいっぱい食べて散歩もたくさんして、1日をのんびりと過ごすのが健康でいるための秘訣だと考えています。
ドッグフードはそれに欠かせないものなので、バランスがとれていて体になるべく優しいものを与えたいものです。
今買っているドッグフードはお徳用で合計6袋、3キロ分がまとめて入っているのでしょっちゅう買いに行く手間が省けてとても助かっています。


ではドッグフードにデメリットはあるのかと考えると、私は無添加のドッグフードを買っているのでそういう意味での心配はほとんどしていません。
あえて言うならば、カリカリタイプだと個装されていないので保存するために工夫する必要があるということです。
お買い得商品のものがありますが、湿気が入らないように置いておく場所を考えなければいけませんし、開け口をきちんと閉じておかなければいけません。
この点だけで言うと、我が家では100円均一に売っている袋とじ用の器具で毎回パチンととめています。
ただどうしてもおいしそうなフードの香りはとんでしまっています。
それからカリカリタイプだと水分補給を十分にさせてあげるようにしなければいけません。
それぞれの犬によって水分を普段から飲むタイプの子、あまり飲まない子などいるので愛犬の様子を見て、あまり飲んでないようでしたら特に夏場は水分補給をするように工夫します。
うちの子も水分補給はあまりしませんが、その分はフードをぬるま湯や水でふやかすことで補っています。
フードをふやかすと歯石や歯垢がつきやすくなりますが、それは毎日歯磨きをしてあげることでほとんどの場合は防ぐことができるので大丈夫です。
あとは与えているドッグフードの質によりますが、無添加であったり、アレルギー用のものを購入している場合はやはり普通のドッグフードよりも費用がかかってしまうということはあります。
うちの場合は6袋分がまとめて入っているお徳用3キロサイズを購入していますが、それによって1つ1つを購入するよりは少し安く買うことができています。
しかし大切な愛犬の健康のためだと考えると、元気でいれば病院へ行く回数も減りますから結果的には安いということになると考えています。