ドッグフード

DOG FOOD_IMG

幼犬の健康と成長を考えたドッグフードの与え方

ペットショップやブリーダーさんなどから、幼犬を家族として迎え入れた場合、健康と成長を考えた管理が大切になってきます。
そこで、幼犬のころのドッグフードの与え方が重要になってきます。
まず、ペットショップやブリーダーさんから仔犬を購入した場合には、どのようなドッグフードを食べていたから聞き、そのドッグフードと同じものを与えると良いでしょう。
違うフードだと、食べない場合があります。
実際、我が家では違うフードを与えたら食べませんでした。
ドッグフードには、年齢ごとに種類が分かれています。
必ず幼犬用のフードを与えてください。
幼犬に必要な栄養素が豊富に含まれているので、仔犬の成長をしっかりとサポートしてくれます。
ドッグフードを与える場合、幼犬はころは、一日に3回から4回に分けて食事を与えます。
食事を与える分量は、フードのパッケージに一日に与える分量が記載されています。
フードのメーカーによって違うので、必ず確認してください。
その分量を3回から4回に分けた食事の量を与えてください。
もし分量が分からない場合には、最初は少し多めに与え、次はからは少しずつ減らしていきます。
食べきれる分量になったら、その分量で与えると良いでしょう。
また、便の状態でも食事の分量が分かるので、便の調子を見ると良いでしょう。
便が柔らかい場合は、フードの与えすぎです。
その場合は量を減らすと良いでしょう。
健康管理のためにも確認すると良いでしょう。
私は必ず確認していました。
もし仔犬が生後2ヶ月目位だった場合、大体生後3ヶ月目まで離乳食にしなければいけません。
ぬるま湯でフードをふやかしてから、スプーンやフォークで潰して与えてください。
フードを残すことがありますが、病気などの心配がなければ残しても大丈夫です。
我が家でも、フードを少し多めにした時など食べ残すことがありました。


仔犬が、生後3ヶ月目位になってきたら、ふやかすお湯の量を少し減らし、スプーンやフォークなどで潰さないフードにしていきます。
切り替える場合、最初のころは少しだけ潰して与え、徐々に潰さないようにしていくと良いでしょう。
そのようにして、生後6ヶ月目位まで与えます。
生後6ヶ月目位になってきたら、ふやかす事をしない通常のドッグフードに切り替えていきます。
食事の量も、一日に3回から4回だった物を、一日に2回にしていきます。
通常のフードに切り替える場合も、少しずつお湯の量を減らしていきます。
通常のフードにしていくと、フードに水が含まれていないので、いつも新鮮な水を飲めるように、用意して下さい。
ふやかしていた時より、水を飲むようになります。
そのようにして、通常のフードに切り替えたら、8ヶ月目くらいから徐々に成犬用のフードに切り替えていきます。
幼犬用のフードに少しずつ混ぜていき、生後1年目を目安に切り替えていくと良いでしょう。
我が家では、その様にして切り替えていきました。
その際、今まで食べていたフードメーカーから、違うフードメーカに切り替えても良いでしょう。
新しいフードメーカーに切り替える場合、栄養やどの様な食材が使われているのかなど、確認して選ぶと良いでしょう。
犬の健康のためにもフード選びは大切なことです。
私が、愛犬のためにフードを切り替える場合には、必ず色々と調べてからフードを切り替えています。
成犬用のフードは、6歳から8歳ごろまで食べるフードなので健康管理に配慮した物を選ぶ様にしましょう。
老犬用のフードに切り替える場合も同じです。
必ずフードを切り替える場合には、愛犬のことを考えて切り替えましょう。
幼犬のころから一生の健康管理をするのが、私たち飼い主の役目です。
↑のサイトでは、キャットフードについて詳しく掲載されています。