ドッグフード

DOG FOOD_IMG

冷凍のドッグフードで健康的になろう

冷凍のドッグフードを見た時、どうなのかなと思いましたが私の家の犬が本当に喜んで食べるのでこれは良い物なんだなと思いました。
何故こんなに喜んで食べるのかと不思議に思ったので調べてみたのですが、基本的な冷凍のドッグフードという物は作りたてをすぐに冷凍することによって本来必要な保存料や防腐剤を使うことなく長期保存ができるのです。
他にも作る時にインスタント料理感覚でちょっと味を変えてみたり、好物を入れてあげたりと犬が飽きないようなドライフードですとちょっと難しい事を簡単にしてあげることができるのです。
冷凍ドッグフードの作り方は基本的にとても簡単な物が多く、ほとんど電子レンジですぐにできるものや、電子レンジを使わなくても鍋で湯煎してあげれば完成するような物がほとんどですので、簡単に料理してあげることができます。
利点としては上にあげた保存料や防腐剤を使わない理由の他にもドライフードタイプですと乾燥していますので必要以上に水を飲み、お腹を壊してしまうと行った事が起こってしまうおそれはありますが、作ってすぐに冷凍しているものならばきちんと水分を取ることができるのでそのような心配がないのです。
さらに大量の水分を持っていると言うことはダイエット用に適していると言うことなのです。
ドライタイプのドッグフードですと少量で一日の栄養をとることができるようにできていますが、犬という物はお腹がいっぱいになるまで食べたい生き物なのでついつい食べ過ぎてしまうのですが、水分を含んでいるタイプならば無理せずにダイエットが可能でのでストレスなどもたまらないのです。


犬に取って一番理想的な食事はペットフードではなく手作り食だというのは昔から言われているのですが、やはり手間のかかることですので毎日ずっとというのは難しいのです。
そこで冷凍タイプのドッグフードが今注目を浴びているのです。
我が家の犬はあまりドライタイプが好きではなかったので食事の時間にペットフードですと嬉しそうではなかったのですが、しかしこのタイプのペットフードに変えてからはもう手作り食と同じぐらい喜んで食べています。
研究でも水分を含んだペットフードの方が栄養素を失わず、消化がしやすく、胃腸に負担がかからないと言うことが証明されているのですが、今まではコストの問題などでなかなか実現しませんでしたが、最近発売されている新しいタイプによって解決されたと言われているのです。
また最近では冷凍状態のまま食事を上げるタイプなども出ています。
これは良いのかなと思いましたが、犬は本当に喜んで食べていましたし獣医さんもこのまま食べることによって新鮮で一番吸収性が良い状態で食べているから良いことなのですと言っていましたので、良い物なのだそうです。
高タンパク、低脂肪のものに良く水分を含んでいる食事を中心にあげていると毛つやも良くなり皮膚にも良い効果があり健康になれるとのことです。
我が家の犬も高タンパク、低脂肪の栄養素を含んでいる着色料、保存料を使っていない水分を多く含んでいる健康的なドッグフードを主食にしてからとても健康になり、外見も美しくなったのです。
元気すぎてこちらが困ってしまうぐらいですが、やはり犬は元気が一番ですね。 一日に与えるドッグフードの回数についても参考にご覧ください。