ドッグフード

DOG FOOD_IMG

私の愛犬のドッグフードの選び方

私はヨークシャーテリアの女の子を飼っています。
初めて自分で飼いはじめた犬なので、とてもかわいい大切な家族の一員です。
現在は7歳になりますが、幸いこれまで大きな病気もケガもなく毎日元気に過ごしてくれています。
家に来た時はまだ2か月になったばかりの赤ちゃんで迎える為にトイレやクレート、おもちゃにベッド、毛布といろいろ揃えて楽しみにしていました。
最初はブリーダーさんの所で食べていたフードをそのままもらってきて、教えてもらったとおりそれをお湯でふやかしてあげていました。
家に連れて帰ってから最初にあげたドッグフードを食べてくれた時はとてもうれしかったです。
少しずつ大きくなってきて、お湯でふやかさずにそのままあげるようになり、もらってきたフードもパピー用だったので成犬用のドッグフードに変える事にしました。
とりあえず、ホームセンターやペットショップに行ってみましたがびっくりするほど種類が多くてどれを選べばいいのか選び方がわかりませんでした。
種類の多さにも驚きましたが、わからなかったのは値段の幅です。
ホームセンターでは比較的安い値段のフードがたくさん売られており、ペットショップや動物病院でもらった犬用品のカタログなどにはホームセンターよりも高い値段のフードがたくさんありました。
私は同じドッグフードなのに値段の差はなんなのだろうと思い少し自分で調べてみてから決めようと思い、とりあえずパピー用で食べていたフードの成犬用を買ってその日は帰宅しました。
それからしばらくいろいろな本やネットでドッグフードについて調べる日が続きました。


するといままでは知らなかった事がいろいろわかってきました。
人間用の食材には不適格な部位でもドッグフードにははいっていること、副産物というらしいですがこれにはびっくりしました。
私達人間は食べてはいけない、人間用として市場に出回らない物がドッグフードにはいっていることもあると知って、私のドッグフードの選び方の基準の一つとしてこの副産物が入っているものはやめることにしました。
私よりもずっと体の小さい犬に人間が食べない部位を食べさせて体にいいかを考えると私はよくないと思ったからです。
その他にも添加物について調べてみました。
すると酸化防止剤としてエトキシキン、BHA、BHT、保存料としてソルビン酸、ソルビン酸カリウム、パラオキシ安息香酸、パラオキシ安息香酸ナトリウム、その他にも発色剤や着色料など様々な合成添加物が使われている事がわかりました。
自分が食べる物の添加物については正直気にしたことがなかったのですが、大切なペットの事になると話は別です。
私の選ぶ基準に合成添加物は使っていないことというのが追加されました。
そして本来肉食の犬には動物性栄養素の強いドッグーフードが良いということ。
とりあえず多少の知識を身につけた状態で改めてフード探しを再開しました。
自分で決めた条件で探した結果、合成保存料、着色料、香料不使用、アレルギーをおこしやすいといわれる大豆、卵、乳製品、ひまわり油、小麦、トウモロコシを使用しておらず、使用している鶏肉、ラム肉、ダック肉は全て人間の食肉用を使用しているというフードをみつけ、それをあげるようになりました。
一般的なドッグフードに含まれている成分はこちらで紹介されています。

我が家の愛犬はずっとそのフードを食べていますが、お腹を壊した事もなく、毛づやもよくなにより、ごはんの時間が大好きで全部食べてくれるので時間をかけて選んでよかったとおもっています。
危険なドッグフードを選ばない方法がこちらのサイトに紹介されていますので参考にしてください。
かわいい愛犬のためにもドッグフードにはこだわってあげましょう。

市販のものでは不安な方は手作りドッグフードの作り方がhttp://www.peacezone.net/17.htmlにありますのでお試しください。


↑のサイトではキャットフードについてご覧いただけます。