ドッグフード

DOG FOOD_IMG

ドッグフードのおやつについてのこと

犬を飼っています。
ですから、犬にはそれなりに気を使っています。
そこで重要になってくるのは、犬のおやつです。
犬の餌、つまり、ドックフードですが、これはペットショップに行けばいくらでも売っています。
しかし、逆にありすぎて困ってしまうことが多いのです。
そこでお勧めするのはお医者様が勧めているものです。
ペットフードの帯などに書いてあるものではありません。
例えば、お医者様の勧めるドックフードです、と書いているものではありません。
本当にお医者様に聞くのです。
要するに、馴染みのお医者様から聞けばいいのです。
犬を飼っている人なら馴染みの獣医師ぐらいはいるでしょう。
猫と違って、犬は登録が義務付けられています。
狂犬病の注射なんかもありますし、犬は意外と怪我をしたり、先天的な病気にかかっていることが多いのです。
ですから、馴染みの獣医師がいることでしょう。
いないのでしたら、非常に危険ですから必ず作っておきましょう。
さて、そのお医者様からお勧めのおやつを教えてもらうと良いでしょう。
ちなみに、私の場合はあまりカロリーの高くないおやつとおやつなのですが、歯垢をとってくれるおやつを紹介してもらいました。
うちの犬はなかなか歯磨きをしてくれない犬なので、このおやつは非常に有り難いものでした。
他にも色々なおやつがあるのですが、うちの犬は歯垢がたまりやすい犬なので、こうしたドッグフードを与えています。
なかなか難しいことなのですが、人間の食べ物を与えてはいけないようです。
どうしても人が食べているものを与えてしまうのです。


本当に、人間が食べている物は与えないほうがよいのです。
いくつか理由があります。
例えば、塩分です。
人間と犬では一日の摂取するべき塩の量が違うのです。
ですから、人間の食べ物は塩分が高いですから、犬には与えてはいけないのです。
そのことを良く覚えておきましょう。
基本的にドッグフードは犬用の食べ物ですから、そのあたりはキチンと配慮されて作られていますから、人間の食べ物を与えないでしっかりとドッグフードを与えましょう。
ちなみに、そのドッグフードの中でも子犬用、成犬用、老犬用とありますので、そのあたりはしっかりと確認しておきましょう。
大体、年齢で決まっていますから、ペットショップの店員に聞いてみると良いでしょう。
パッケージに何歳から何歳用、というのが書かれていますから、それを目安にして購入すると良いでしょう。
ちなみに、一言にドッグフードと言っても味が違うのです。
犬を見ていれば分かると思いますが、その犬ごとに好みがあります。
好きな味とそうでないものがあるのです。実は犬はそれほど味覚に優れていない、というのは定説だったのですが、最近はしっかりとした味覚があるということが分かってきました。
また、味覚とは別に塩味を好みます。
これはどんな動物でも同じです。
身体の組成成分を欲する欲求があるのです。
ですから、塩味を好みますが人間同様、塩分の取りすぎは身体に悪いですから十分に注意してあげてください。
それが飼い主の責任と義務と言うものです。
犬は際限なく食べますから、しっかりと飼い主のほうで制御してあげてください。